お役立ち情報

母国語で出産する1歳の人はより同情的です

母国語で出産する1歳の人はより同情的です


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1歳のとき、赤ちゃんは母国語で生まれた方が良いと評価されますが、それは外国語で生まれた人が否定的に評価されるという意味ではありません。

1歳は母国語を話すことを好む


これはすべて、身近なグループに対してよりオープンであることは私たちの発祥の地であるだけでなく、未知の異星人グループに対する学習嫌悪、つまりブリティッシュコロンビア大学のスタッフの態度でもあることを示しています。私たちのような見知らぬ人への同情と嫌悪が生まれたのか、それとも習得した行動を持っているのか」と研究リーダーは言います。 アンシア・パン、UBCの研究者。以前の研究では、3歳の子供がすでに類似の文化と ネガティブなネガティビティがあります 異なる人。専門家は、このタイプのオリエンテーションに影響を与える幼児期に何が起こるかという問題であり、専門家は、8ヶ月と16ヶ月離れた456人の乳児を含む6つの実験を行いました。判明したように、1歳までに、子供たちは完全に認識しているだけでなく、母国語も好んでおり、 私たちは生まれつきの好みから生まれます。しかし、これらの子供たちは他の言語や文化に対する否定的な認識を持っていないため、この種の先入観はおそらくあまり学習されていない行動です。関連記事:
-生後7か月の赤ちゃんは7週間スピーチを練習します
-子どもたちのスピーチの奇跡、例に笑みを浮かべて
-赤ちゃんと一緒に英語!