メインセクション

飲み込んで、ベイビー!

飲み込んで、ベイビー!



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

私たちの多くは、母親が縮んだ顔、押しつぶされたタブレット、または魅力のない香りと厄介なシロップで大さじに近づいたとき、子供時代の悪い思い出を持っているかもしれません。現在、子供向けのソリューションがあります。

形状も整形されていません

薬を服用しているかどうかにかかわらず、必要なビタミンとミネラルが必要です tбplбlйk-kiegйszнtхrхl または強化された場合、錠剤、カプセル、粉末、飲み物、シロップ、ドロップ、ロゼンジ、発泡錠など、さまざまな製剤で利用できるようになります。 1種類のビタミン、有効成分のみを含むものもあり、いくつかの有効成分を組み合わせたいくつかの「有効成分」、およびミネラルと微量元素で強化されたビタミンが増えています。
多くの人が薬物よりも薬物のような物質を好む ビタミンが強化された食品 ビタミン繊維ジュース、ミューズリー、クッキーなど探しています。処方の変更は単なるファッションではなく、誰が、何歳で、どの問題を、特にどの程度の量で服用したいかなどの選択を検討する価値があります。たとえば、 それを「純粋な」形で体内に持ち込むほうが価値があります。 なぜなら、マルチビタミンには、過剰な量の他のビタミンを体に負担させる必要な摂取量しか含まれていないからです。
ビタミンの中には、過剰摂取すると非常に有毒なものもありますが、検出可能な毒性はありませんが、体への不必要な負担と見なされるものもあります。処方の選択は、子供にビタミンを与える時間の長さにも依存します。なぜなら、投与期間、投薬の容易さ、そして特に子供が受け入れる意欲があるからです。

伝統的な形

ザ・ 錠剤用ビタミン まだ最も一般的です。粉末または液体ビタミン製剤よりも安価で、分配しやすく、保管し、輸送しやすく、貯蔵寿命が長いことが有利である。彼らは、子供が小さければ小さいほど、飲み込む能力が低下し、「ダブルスプーン」またはそうでなければ、あまり賢明ではなく、子供に投与するのが難しくなるという欠点を持っています。
最も古い形式の中には ほこり:たとえば、高用量で摂取する場合は、粉末状のビタミンCが適しています。それは、アレルギーを引き起こす可能性のあるフィラー、バインダー、または添加剤を含まないという利点がありますが、適切な量を測定するのがはるかに難しいという欠点があります。カプセルは、錠剤のように、保管と配達が簡単で、ほとんどがビタミンA、D、Eなどの脂肪分の多いビタミンで包装されています。

滴の滴

錠剤、カプセル剤を飲み込むことができない人には、ドロップ、シロップ、粉末パウダーなどの液体製剤をお勧めします。また、幼児にとってより有益な場合があります。飲み物、お茶、牛乳とうまく混ぜることができますが、次のようないくつかの治療法があるので、すべての場合で使用説明書を注意深く読むことは価値があります牛乳と混ぜてはいけません。同時に勧められないかもしれません。

シロップは子供に人気があります


一部の人々は、しずくがシロップ状のものよりも測定しやすいことに気付きます。ザ・ 彼または彼女の天才は通常中立または悪いです、 シロップ でも新鮮だったので、好みに合わせて選びました。経験豊富な両親は、これが完全に子供に依存していることを発見しました。パン、オレンジ、レモン、カラントなどがあります。彼女は散水を好みます。時には、親は先見や母乳育児とは完全に反対の方法でペットを選ぶか、完全に拒否することを選びます。
成分の組成が同じ場合、チェックイン中に子供との「緊密な戦闘」を避けるのに最適なものはどれかを体験する価値があります。どんなレベルであっても、子供を「殺す」ことができる注射器の配達(いくつかの難燃剤に加えて)を提供するお母さんのアイデアは、問題のある子供のためのアイデアです。

スパークリングタブレットとチュアブルタブレット、置物

製造された企業は、子どもたちと彼らを通して親の恵みと戦い、新しいアイデアを思いつきます。 色、比ur的な形 動物やおとぎ話のキャラクター、さまざまな上映とともに市場に登場し、 pezsgхtablettбs ますます受け入れられる方法で。
ただし、魅力的なプレゼンテーションでは、現在の準備が目新しさではないこと、つまり、一種のデザートとして扱われるべきではないことを忘れてはなりません。子供の手の届かないところに保管し、正しい投与量で投与する必要があります。そうしないと、目的を達成できないか、過剰摂取になります。
ビタミンに関するさらなる記事:
  • 少しずつのビタミンキット
  • タラ肝油からマルチビタミンへ
  • ビタミンは安全ですか?
  • I必要がありますか?あげませんか?