他の

メガネに慣れましょう!

メガネに慣れましょう!


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

一部の視覚障害により、乳児は幼児期に眼鏡を着用します。 1歳のとき、両親はまず眼鏡に慣れる必要があります。

小さな子供は鼻からそれを取り出し、ベビーカーからそれを投げ出し、口に入れます-しかし、彼は眼鏡ではなく、帽子で、おもちゃでそれを行います。この場合、毎回戻す必要があります。
あなたはそれが必要であることを落ち着いた声で説明しますが、それが理解され受け入れられると期待しないでください。私たちは、穏やかな声と振る舞いにより確信しています。あきらめなければ1ヶ月になると確信できます メガネを忘れる、彼がそれに気づいてさえいません。

しばらくすると、赤ちゃんは眼鏡に慣れます

赤ちゃんが休んでいるとき、良い気分で習慣を始めましょう。どんどん戦って、休憩してから続けましょう。赤ちゃんを鼻に乗せたとき、赤ちゃんの注意をそらします。このベビーカーに最適です。そこで何が走っているのかを見て、子犬の後に来てください!
プラスチックレンズ、ソフトノーズパッド、弾力性のある髪、金属の金属コーティングにより、着用者の摩耗や裂けが少なくなります。
このトピックのその他の記事:
  • まつげがくっついている
  • Segнtsйg!子供はめがねをかけるよ!
  • 印象的:眼鏡を初めてかけたときの赤ちゃんの反応
  • 子供の目「レンズ」


  • コメント:

    1. Beecher

      あなたの意見は有用です



    メッセージを書く