メインセクション

貧しい国に帝王切開をする方がはるかに危険です

貧しい国に帝王切開をする方がはるかに危険です



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

先進国に比べて貧しい国では帝王切開の乗数リスクがあります。

クイーンメアリー大学の研究グループによる調査によると、帝王切開は先進国よりも貧しい国の母親にとって複数のリスクを表します。貧しい国に帝王切開をする方がはるかに危険です 研究者は、1200万の妊娠からのデータを調べました。彼らの調査結果によると、毎年30万人の母親が未婚で、またはそれ以外で死亡し、死亡の99%が中所得国および貧困国で発生しています。これらの国では、平均7.6人の母親が1000回の帝王切開で死亡します。これは英国の死亡率の1倍です。サハラ以南のアフリカ諸国はここで最悪の状況にあります 1000 nblsから10.9 halbs ただし、死産または出産後の短期出産の場合、データはさらに恐ろしいです。生後1週間以内に命を落とす乳児の割合は次のとおりです。貧しい国では、1000人中84.7人の新生児が1週齢に達していない。これらの国では、出産中に死亡する女性の4分の1が帝王切開のために死亡していますが、これはこの問題に取り組む上でこれまでで最大の分析です。ハンガリーでは10のうち4 帝王切開で生まれた赤ちゃんの割合は絶えず増加しており、1990年にはまだ約10%でした。ザ・ WHOは帝王切開を5〜12パーセントにすることを推奨しています。ハンガリーでは、出生1000人のうち1.7人が妊産婦死亡をもたらし、世界で51番目になっています。ポーランド人の場合、この率は出生1000人あたり0.03です-メディカルオンラインを報告します。カッピングの関連記事:
  • ますます、帝王切開
  • 赤ちゃんの視点からのカッピング
  • 労働と出産の提案の変化