お役立ち情報

新生児が生まれます


私の経験では、成熟した生まれたばかりの赤ちゃんが目で病院から帰宅することはますます一般的です。最初の子供がいる小さな赤ちゃんにとって非常に刺激的です。

問題は鼻水ではなく、鼻づまりです。これは、新生児の母乳育児の大きな障害です。若い母親すべてが、小さな赤ちゃんが鼻だけで呼吸できることを知っているわけではないことを知っています。吸うときに最も重要なことは、鼻道が通気性であり、自由に機能することです。空腹の子供は、どんなに空腹であっても、食事の恩恵を受けないことは明らかです。彼らは短時間母乳で育てているため、体重はほとんど増えません。

目に見える兆候なし

新生児の鼻呼吸の重要性を彼らに知らせるために、私は非常にまれな状態を殺さなければなりません。これは、コアネル心房、または背中の先天性異常です。鼻道の内側に外部の目に見えるマークがあり、鼻道の片側または両側にしこりまたは骨化さえ起こります。サイドエンゲージメントは生命に脅威を与えることはありませんが、両側で発生すると、生命を危険にさらします。胎児の水がなければ、子供は呼吸せず、彼女の肌は青みがかった灰色になります。
鼻に挿入されたプローブの助けを借りて、cause死の原因とリスクを数分の一秒以内に検出することができます。すべての出産部門がこれに対応しています。

マスク

鼻腔の家でよく見られる細菌は、しばしば細菌で見られます。親運河から移動する可能性がありますが、衛生ルールを適用する際にエラーが発生する可能性もあります。
母乳育児中は、乳房と手を清潔に保つように注意してください。妊娠中の母親には、赤ちゃんの近くでマスクを使用してください。家族はまた、赤ちゃんの最も基本的な衛生規則を守るべきです。 big菌もそこにいるので、兄は彼の小さな手にキスさえしません。
大きな子供たちは、鼻の通路に落ち込んでいます-そして、その結果、親は最近、より洗練され、勇気を出しています。しかし、彼らは栄養のために、成長している有権者からより大きな兄弟よりも新生児を解放することがより重要であることを知る必要があります。
多くの人々は、軽度のうつ病後の鼻づまりが軽減されると訴えますが、消えません。これは、鼻の粘膜の炎症性の腫脹によるものです。その除去後、乾燥後に粘膜に作用する薬物を鼻腔に適用することをお勧めします。

前か後か?

鼻腔内には、顕微鏡下でしか見えない非常に小さな毛、いわゆる毛包があり、鼻毛の裏側に不純物や微生物を送り込みます。これらの髪は、生理学的に湿った環境でよりよく機能します。それが多くの人々が膣の症状を和らげるために生理的な鼻を鼻に振りかけることを提案する理由です。

赤ちゃんのバス


質問する重要な質問は、子供に鼻水をいつ与えるかです:鼻汁の前または後ですか?
鼻腔の除去後に採取した点鼻薬は、鼻腔と直接接触し、腫れを軽減し、神経を浄化するプロセスを助けます。新生児の鼻の周りの鼻腔も、小さな脳システムの換気を可能にします。鼻腔に適用された薬物は、フィルム層の形で繊毛によってブロックされ、その効果を元に戻すことができないため、粘膜と相互作用できません。

大E日の鼻嚢胞の除去

それはより大きな注意を払って、年長の子供たちと同じように起こります。多くの人々は、ほこりの多い鼻の力を恐れており、抜本的であるため、それを使用する勇気はありません。しかし、私は10年以上にわたる小児鼻手術の臨床経験に基づいてこれを設定することができ、他の方法はありません。
感染株の病原体を1日に数回繰り返すことにより除去することが最も効果的な選択肢です。副作用やリスクはありません。心臓のパワーが1000ワットを超えないことが重要です。鼻の通路の1つを空けて、子供を立てた状態で心臓を運ぶのが最善です。
もちろん、安全を確保する必要のある人は常に2人います。ほこりっぽい鼻の間の小さな赤ちゃんのために特別に設計されたバリエーションもあります。それは赤ちゃんの鼻によくフィットし、きれいに保つのは簡単です。
鼻のトイレを行うことは、夕方だけでなく食事の前にも重要です。このようにして、赤ちゃんの栄養と発達はスムーズになり、赤ちゃんはすぐに考えます。
母乳育児は、発育能力に対する自然な抵抗がほとんど不可欠であるため、病気と闘う上で非常に役立ちます。イラクサの死、出来事の形成は、このようなシンプルで家庭的な方法で防ぐことができます。
彼らはまた興味があるかもしれません:
  • nbarについて知っておくべきこと
  • Fülesのリクエスト、喉の痛み
  • 鼻が出ないとき