お役立ち情報

牛乳アレルギーは鼻づまりの原因にもなります


子供が発熱しておらず、呼吸器感染症にかかっていないが、呼吸困難であり、激しく呼吸しなければならない場合、持続的な鼻詰まりについて話します。

牛乳アレルギーは鼻づまりの原因にもなります

この時点で、多くの人々は、鼻詰まりの拡大が呼吸をブロックしていると考えていますが、 DR。ポルガル・マリアンヌ 小児治療、胃腸科医、ブダアレルギーセンターの主任医師は、食事に関連する原因のもう1つの一般的な原因の役割にも注目しています。

持続的な鼻詰まりの検査

鼻づまりと幼児期の鼻づまりの場合、可能性のあるすべての可能な臓器の変化は、最初のインスタンスで除外する必要があります。致命的なアレルギーがある場合、アレルギー検査を受け、症状の背景に現在のウイルスまたは細菌感染がないことを確認します。

牛乳アレルギーはあなたの症状を止めます

鼻の中央の検査中に持続的な鼻詰まりの原因が見つからない場合は、持続的な鼻詰まりの履歴だけでなく、栄養面の問題にも対処する価値があります。 MariannePolgárrは、食物アレルギーの主な原因は胃腸症状であると言いました。 「あなたの子供が胃、鼓腸、下痢、または胃を持っている場合、何を食べるべきか考え始めましょう。腫れ、鼻づまりを引き起こします。」

また、鼻扁桃手術を避けることができます

鼻づまりに加えて、子供が鼻水、再発性、乾いた咳、喘息のような症状を発症した場合、ミルクアレルギーを疑うことをお勧めします。ミルクアレルギーは、ミルクアレルギーによって引き起こされる鼻炎の炎症の結果の1つであることが珍しくないので、子供の鼻道が実際に拡大していることを検査が示している場合、考慮する価値があります。この場合、乳腺なしの食事では鼻扁桃も小さくなり、手術を避けることができます。

牛乳アレルギーの検査

牛乳アレルギーの疑いがある場合、子供は年齢に応じてアレルギー検査を受ける必要があります。これは、空腹の皮膚テスト(プリックテスト)または血液テストで発生する可能性がありますが、ごくわずかな-皮膚に付随する傷を避けるために-症状によっても異なります。これは、乳製品を一定期間消費しないこと、および子供の症状を監視することを意味します。チャージバックには完全な確実性があります。治療する医師と合意した時点で、乳白色の食品を少量の食事に戻し始めると、苦情が再び表示され、これが確認されます。

牛乳を含まない食事の落とし穴

乳製品を含まない食事をしている場合、準備できる製品や食事がたくさんあることに驚かれるかもしれませんし、妊娠している人でさえ乳製品が含まれているかもしれません。したがって、コンポーネントを読むことは常に重要です。また、のれんは随時変化する可能性があるため、随時チェックすることも重要です。栄養士に適切な食事を頼むことは価値があります。

牛乳を無料で摂取する期間はどのくらいですか?

症状がない場合は、乳製品を徐々に食事に取り入れることができます。充電時には、牛乳の摂取が重要ですが、それとは別に、通常の食事を維持することができます。子供の90%は、5〜6年までにミルクアレルギーを発症します。