質問への回答

子供向けフルーツケーキ


夏は激怒しており、果物の季節も激怒しています。お母さんは、この期間を利用する価値があることを知っています。新鮮に収穫された季節の食事は、私たちのビタミン店に補充できるからです。


適切な量​​の生の果物を摂取することは、幼児に特に重要です。なぜなら、それらに含まれるビタミンとミネラルは、子どもの発達に不可欠だからです。残念なことに、ハンガリー小児科医協会の調査によると、昨年1-3歳の子供の半分(44%)は活力を維持するのに十分ではなく、鉄の吸収のために24%多くのビタミンCを必要としています。

果物の紹介

食事の始めに、1〜6か月後に、大さじ1杯のフルーツジュースまたはプレスジュースを追加しますが、この量は通常、年間200グラム以上です。リンゴとスグリの缶詰ですが、2個の桃がそれを提供します。ほとんどの小さなものは、少し甘いか酸っぱい味のために果物が好きです。
健康な子供の場合、果物の消費に上限はありません。何らかの理由で果物がお好みの繊細さでない場合は、1日に何度かさまざまな品種を試す価値があります。たとえば、少しオートミールで過食を変えることができますが、スライス、リングにカット、またはミルクとミルクベースのベビースムージーで作ることができます。より柔らかい果物が必要な場合は、短時間調理するか、オーブンで焼くことができます。梨やリンゴなどの甘いお菓子の代わりにおいしいデザートにすることができ、粉ミルクに混ぜることもできます。

シーズンチケットを選択してください!

機会があればいつでも、国内の気候で生産された果物を選びます。すべての果物には他のビタミンやミネラルが豊富に含まれており、最高の量は、それらを熟成させて短期間保管する場合です。消費された果物のビタミン含有量も調理プロセス中に変化します。ほとんどが敏感なので、生の果物の消費は最も便利です。
多くの貴重なビタミンの損失が最も少ないため、最もおいしい調理方法は蒸発であることに注意してください。フルーツピースは、ナチュラルヨーグルトまたはミルクベースのベビードリンクと混合することもできます。後者は、適切なカルシウム摂取に加えて、鉄や他の物質の消費を保証します。もちろん、100%の栄養摂取には野菜、穀物、乳製品、肉も必要です。
果物にはすべてのビタミンDとビタミンB12が含まれているわけではありませんが、さまざまな果物を消費している場合は、1年を通して小さな果物でほとんどの毎日のニーズを満たすことができます。 「欠乏」ビタミンに関しては、B12の主な供給源は肉と乳製品です。ビタミンDは体内の日光にも使用されますが、卵、バター、魚油、肝臓、牛乳ベースのベビードリンクにも含まれています。

果物にはビタミンが含まれているだけではありません!

大小の両方が果物を必要とし、その成分のほとんどすべてが私たちの体によって利用されています。その繊維含有量は、若い年齢で腸系の機能に貢献しています。繊維の下にあるのは、人体の難消化性植物部分を意味し、便の重量を与えます。そのため、食物繊維を摂取する傾向のある子供に推奨されます。
繊維にはいくつかの種類があり、他のすべてに有用であることがわかります。たとえば、鼻炎の場合、ペクチンは水と結合したゲルを提供することで治癒を助けます。コーティングされたこのゲルは、粘膜の粘膜を刺激し、それによって苦情を軽減します。ペクチンの最もよく知られている供給源はリンゴであり、腹部のcomplaint訴のある子供のパピーをすりおろすために使用されます。ちなみに、プレバイオティクスも繊維の中にあります。これは、結腸に生息する強力なプロバイオティクス細菌の栄養源として機能する物質であるため、健康な腸内インフルエンザの維持に役立ちます。
繊維の中間繊維は体の水分補給に寄与しますが、これは高温でも必要です。果物の栄養価を見ると、それに含まれる炭水化物の色に言及する価値があります。それらに含まれる糖はエネルギーを提供し、結晶化した砂糖で作られた甘いものほど多くの糖負荷を引き起こしません。

蛍光フルーツも良い

果物とその搾りたてのジュースは、子供たちの水分補給に重要な役割を果たします。幼児は体重1キログラムあたり100〜150mlの液体が必要です。これは小さな子供の平均体重です。 1リットルから1.5リットルの液体。彼らが実際に飲む量は、外気温と消費する食物の水分量に大きく依存します。特に、彼らは常に渇きを示すとは限らないので、しばしば適切な暗示で似顔絵を提供しなければなりません。
出発点は、1日0.5リットルの牛乳、牛乳ベースの子供用飲料、残りは水または無糖のカフェイン抜きのフルーツティーです。また、果物や緑の葉の割合が少なくなることもあります。

酸化防止剤およびその他の成分

研究によると、有害なフリーラジカルから私たちの体を保護する果物やハーブには多くの抗酸化物質があります。この種の保護は、小さな子供にも必要です。環境の危険、大都市でのストレスの多い生活は、年齢に関係なくすべての人に影響します。これを測定するために、私たちの生きている発色性ポリフェノールには優れた抗酸化効果があるため、ベリー果実を強調することができます。残念ながら、ベリーの収穫期は短いので、できる限りブルーベリー、ブラックベリー、スグリ、ブルーベリーに注意してください。
ハンガリー小児科医協会が実施した調査によると、私たちは今日1〜3歳のハンガリーの子どもたちに不健康な大人になる可能性が高いとしています。同社によれば、両親は2年目と3年目に多くの栄養上のエラーを彼らの発達に重大なものとし、これは健康に取り返しのつかない結果をもたらす可能性があります。
年齢層の栄養の主な欠点の1つは、精神発達に不可欠な十分な鉄を消費しないことです。当社の「小科学」包括的啓発プログラムは、母親と専門家を支援するように設計されています。