勧告

妊娠中の飲酒に関する10の質問

妊娠中の飲酒に関する10の質問


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

赤ちゃんは妊娠中に少しワインを飲みますか?私が赤ちゃんかどうかを知る前にアルコールを飲んだのですか、私の赤ちゃんはアルコール中毒ですか?これらの問い合わせには、ナンセンスな賢明なクラックが多数あります。これは科学的な答えです。

妊娠中の飲酒に関する10の質問

しかし、このような繊細なテーマでは、子供は人生の最も安全な段階の1つにいるため、正確で専門的な情報が重要です。今 エドワード・P・ライリー博士よくある質問10件の国際胎児アルコール症候群スペシャリスト モーセを配布する.

1.妊娠中の少量のワインは赤ちゃんを傷つけませんでしたか?

妊娠中に飲酒しても安全な量については、議論が続いています。実際、多くの事柄がこれに影響を与えるため、低または中程度のアルコール消費の正確な効果はどの妊娠でも予測できません。遺伝学、食習慣、妊娠前ケア、ストレス、薬物または薬物の使用などの要因はすべて、結果を減少または改善する可能性があります。したがって、安全のために 完全に避けなければならない 妊娠中のアルコール消費。

2.妊娠していることが判明する前にアルコールを飲みました。私の赤ちゃんはアルコール依存症になりますか?

それは、妊娠に気付く前にどれだけのアルコールを消費したかに依存します。もちろん、アルコール摂取は妊娠が認められる前に胎児に影響を与える可能性があります。実際、マウスの実験的研究では、胎児のアルコール症候群が顔の特徴に及ぼす影響は、人間の妊娠の第3週に最も顕著であることが示されています。人間の胎児は、ある程度の悪影響に耐えることができることを知っておくと良いでしょう。飲むのをやめるほど、より良い!

3.気まぐれにノンアルコールビールを飲むことはできますか?

これらのアルコールの最大アルコール含有量は0.5%であるため、平均的なビールと同じ効果を得るには、そのうちの9つを飲む必要があります。私はそのような量を誰にもお勧めしませんが、2つのメガネで idхnkйnt 実際に機能する場合があります。しかし、これらの「中域」製品は、過去にアルコールの問題を抱えていた個人のアルコールへの回帰を誘発する可能性があるというデータがあります。実際、血中アルコール濃度は胎児にとって危険です。母親がどんな種類のアルコールを消費しても、問題は アルコールは胎児に届きます.

4.赤ちゃんの飲酒に最も有害な妊娠段階はどれですか?

胎児発達のあらゆる段階での妊娠中のアルコール消費 veszйlyes!脳は妊娠中に発達し、脳を構成する神経細胞は特定の発達段階を経ます。アルコールは、これらすべての段階で混乱を引き起こすことが示されています。細胞を確立し、脳の適切な部分に移動し、機能し、他の細胞との関係を確立する必要があります。適切に反応しない細胞や利用されない細胞は死ぬ必要があり、細胞はその機能により自己組織化し、最終的には髄鞘形成を完了して脳により早く情報をもたらします。これらの段階は各ニューロンに固有であるため、それらはすべて胎児の発達経路で同時に発生します。そのため、アルコールは妊娠中いつでも胎児に影響を与える可能性がありますが、アルコールはおそらく妊娠初期の臓器形成時に最も危険です。一部の段階では、毎秒約25万個のセルが作成されます。私たちは、脳神経細胞である1,000億以上のニューロンで生まれています。これは、数を1秒で言うと、終わりを言うために3200年間カウントしなければならない数です。したがって、アルコールは妊娠中いつでも潜在的な危険性がありますが、妊娠初期に臓器の基本構造が発達すると、最も危険な段階になる可能性があります。

5.胎児アルコール症候群は、赤ちゃんが生まれる前に認識されますか?

現在、出生前に胎児アルコール症候群を診断する方法は認められていませんが、オックスフォード大学(および他の機関)の研究者はこの問題の解決策を探しています。たとえば、3D超音波スキャンを使用して、妊娠中の顔の特徴(小さなまぶた、鼻の下の平らな領域、細い上毛など)に対する症候群の影響を判断します。

6.胎児性アルコール症候群はどのように治療できますか?

治療法と治療法はありますが、胎児アルコール症候群のために特別に開発されたものはほとんどありません。最も一般的な症状が対象です。訓練を受けたセラピストの大半は学齢期の子供向けに開発されています。両親は選ばれた開業医を支援することが不可欠です。親は、子供を治療し、治療の有効性を監視する人々と合意して、「ケースバイケース」で行動する必要があります。親は子供を最もよく知って理解している人であり、専門家の助言を使用する必要があります。回復が起こる程度は、出産後の脳と子供の環境に対するアルコールの影響に大きく依存します。最も重要なことは、妊娠中の飲酒を止めることです。

7.将来の父親は、妊娠中に妻がアルコールを飲むのをどのように助けることができますか?

最も簡単な方法は 父親もアルコールを放棄します この期間中に、妊娠中のアルコールを避けるためにあなたのパートナーの決定をサポートします。

8.将来の父親が受胎時に中毒状態になるのは悪いことですか?

現在、胎児アルコール症候群が父親のアルコール消費によって引き起こされているかどうかに関する人間の研究はありません。胎児アルコール症候群の特徴は、発達中の胚に対するアルコールの影響によるものです。しかし、動物の研究は、父親のアルコール消費が産後のアルコールと同様の行動変化を引き起こす可能性があることを示しています。アルコール依存症の父親が家庭環境に影響を与え、それが子供の発達に影響を与える可能性があることを忘れてはなりません。

9.胎児性アルコール症候群に悩まされることはありますか?

人間に特化した研究がないため、正確な答えを提供することはできません。胎児アルコール症候群の古典的な特徴は通常、罹患した子供にすぐに現れますが、妊娠中にアルコールを消費しない限り、これらの子供は胎児アルコール症候群になりません。しかし、動物の研究では、いくつかの胎児アルコール症候群が一般的な健康障害(ストレス状況での過剰反応、免疫障害など)に関連していることが示されています。

10.一部の国で妊娠中のアルコール摂取が許容されると考えられるのはなぜですか?

この質問に答えることは困難ですが、特定の文化におけるアルコールの役割、社会の安定性、女性の役割、専門家の訓練、および州の公衆衛生情報はすべて影響を受けます。