メインセクション

在宅医療で何を保管すべきですか?

在宅医療で何を保管すべきですか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

トラブルが発生した場合にすべてを手元に置いておくために、最も重要なものを集めました!

在宅医療で何を保管すべきですか?

軽度の怪我には、無菌の胃、粉塵、白血球形成、消毒剤、創傷包帯が不可欠です。これらはすべて、底に近い便利な場所の小さな箱に保管されています。トラブルについて考えることは少なくなります。事前に対処しましょう。 殺虫剤、サイズが小さい ローザセンティフォリアエキスの抗炎症スプレーまたはデクスパンテノールスプレーを冷却します。滴り、不正行為、かゆみのために、常に抗ヒスタミン剤を含んだ冷たいクリームを用意してください。赤ちゃんに使用されるbut部も便利です。下痢、重い便、赤くなった目、陰嚢。軽い擦り傷と滑らかな肌のための軽量軟膏。 ホメオパシー療法 事前に構成された家庭薬局を購入する価値があります。そこでは、毎日の苦情やユーザーガイドが多数見つかります。 冷静を保つ:難燃性処方の保証と投与量は、夜間に病気にならない方がよいため、夜間には使用できないことが判明したため、しばしばチェックされます。発熱と鎮痛剤は常に家にいる必要があります。 パラセタモールを含む カプセル、シロップ、錠剤の形で薬を失うことなく入手できます。インクルード イブプロフェン 医薬品は、シロップ、丸薬、錠剤の形でも入手できます。インクルード amidazophen コンテンツ製剤は、錠剤と錠剤の形で入手できます。 サルチル酸 10歳未満の子供には使用しないでください。3つのアクティブな解熱剤を使用することをお勧めします 家に1つ保管する 私たちの家庭薬局で。 Hasmenйs 在宅治療の場合は、自宅でジオスメクチス粉の有効成分の懸濁液を保管してください。これらを保管しておいてください。ただし、使用する時と目的に応じて箱に書いてください。時々 確認する必要があります、何がなくなったのか、何の時間だ。薬局では、夜明け前の混雑の少ない町で、家庭薬をテストしてもらいたいと思っています。箱と使用説明書があれば、有効期限まで保存できますが、お客様の裁量で追加されるものはありません。赤ちゃんの年齢に適した難燃剤(滴、滴、シロップ、またはタブレットの形で)の基本的な治療法は、家にいて旅行中に携帯することです。ホメオパシーの残骸で発生の危険性がある内部感染症を治療しようとしないでください、しかし、医師の診察を受けてください!軟膏は暖かい冷蔵庫で溶けないように小さな冷蔵庫に保管します。保証期間に注意してください、画像は長持ちしません!
  • スマートクッション用
  • どうすれば発熱を抑えることができますか?